Loading

BLOG

CSSの追加をテーマオプションから行える「カスタムCSS」

独自でCSSのタグ編集をされるユーザー様にとって朗報の機能です。

WordPressテーマのバージョンアップによって、CSSを上書きすると、これまでカスタマイズしたCSSも上書きされることがあります。そのため、これまでは編集したファイルとバージョンアップファイルをマージしたりといった対応がとられていましたが、当テーマで搭載しているカスタムCSS機能は、テーマオプションにCSSを追加し、記憶することができますので、CSSファイルが上書きされた時でもそこに記載されたCSSは継承されます。

見出しや文字の装飾のデザインを独自にカスタマイズする場合は、カスタムCSS機能を利用すると便利です。

Master

投稿者プロフィール

著者のプロフィールを表示できます。複数行可能。
プロフィールの非表示選択もユーザーごとに可能です。

ヘッダーをスクロール追従型または上部固定型の選択が可能!

多言語機能搭載。英語にも対応しています。

関連記事

  1. 関連記事一覧をアイキャッチ画像つきでページ下部に自動表示

    2015.09.20
  2. ロゴは無料でダウンロードできる「ロゴマルシェ」で

    2015.08.16
  3. あらゆるニーズに対応する自由度の高いソーシャルボタン機能

    2016.03.23
  4. スマホ専用のウィジェット配置が可能

    2015.08.15
  5. タブレット、スマホにも対応したモバイルフレンドリーなレイアウト

    2015.09.22
  6. スキル不要!いつもの記事をランクアップするクイックタグ機能

    2015.09.21
PAGE TOP