404ページもオシャレに魅せたい!それがTCD流!

404ページは、ブラウザでページにアクセスしても、ページのデータがサーバーになく表示できなかった場合に表示されます。
過去にあったものの意図的に削除したページや閉鎖されたホームページで404エラーが表示されます。 
 
例えば、下記のページ
404エラーページ

ユーザビリティの観点では、検索で来た訪問者にとって目的のページにジャンプして404エラーが返ってきたらテンションがた落ちです。
もうその人は二度とあなたのサイトに返ってくることはないかもしれません。。。笑
またユーザビリティを下げるということはSEO的にもあまり良いとはいえません。

TCDテーマでは、そんな404ページもオシャレに魅せ、有力なページとしてみせることができます。設定はテーマオプションからヘッダー画像、見出し、見出しの設定を行うだけです。そのような細かなところまで考えられているのがTCDテーマです。

■404についてはこちらの記事をご覧ください。
WordPressの404エラーの原因と解決策や404ページをカスタマイズできるプラグインまとめ

コメント

  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。