ダイナミックで洗練されたパララックスデザイン

パララックスとは、視差効果と言って、複数のレイヤーが異なるスピードで動くエフェクトです。レイヤーごとにスピードを変えることで、奥行きや立体感、そしてダイナミック感を演出することが出来ます。

ただ、パララックスの注意すべき点は、エフェクトを多用し過ぎないことです。なぜなら、パララックスエフェクトは、動きがあるため、多用すると「しつこい」といった印象や目がチカチカして、逆に嫌われる傾向があるからです。その点、「AGENT」はあくまでも自然に美しく魅せるパララックスデザインのテンプレートとなっています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー